米国の発達障害者

米国の著名なディスレクシア当事者としては、トム・クルーズ、オーランド・ブルーム、スティーブン・スピルバーグが有名である。
チャールズ・シュワブ(同名の証券会社の創業者)、リチャード・ブランソン(主に英国だが、バージングループ)、ジョン・チェンバース(元シスコのCEO)、そしてスティーブ・ジョブズ(アップル)らは言うまでもなく、フォード、ゼネラル・エレクトリック(GE)、IKEAの創業者などがいる。

自閉症スペクトラム(ASD)に関しては、特にIT系企業にごろごろいて、別名シリコンバレー症候群といわれることがあるほどである。
キンコーズの創業者で、その後も数々の企業を興したポール・オーファラ氏は、ADD(注意欠如症)とディスレクシアの両方を持っている。彼は、「誰もが皆、ディスレクシアとADDになるべきだと思う」とまで語っている。
ビル・ゲイツもまた、ASDを持つことで有名である。

私も1990年代のパソコン、インターネット隆盛期にICT業界にいたため、発達の課題を持つ人がホントに多かったなあと実感している。

何故かって?

新しい業界には学歴があって学校のオーソドックスなお勉強が出来てそつのない人はやって来ず、ちょっと変わった人やおおいに変わった人しかいないからだ。
かく言う私も例外ではなくADHD、ASDを持っている。

発達上の特性の中には、空間造形能力、直感力、けた違いの値を示す聴覚・視覚能力、集中力、継続力、突進力、実現へのかけ離れた妄想力、自我の欲求、高い記憶力と反復耐性などがある。
振り返るとそれらの特性を持ちながら差別や挫折や偏見に負けず、数少ない支援者の力を借りて、偉大な発見、発明、芸術活動をしたり、スポーツや企業活動をし名声を残した偉人が多いのも事実である。
それらの特性をどう引き出し、社会参加・貢献、ときとして文明の進展に役立てるか、人類が試されていると思う。

私たちの仕事の一部は、それらの埋もれた才能を発掘し、チームで磨きをかけるリクルーター、スカウトマン、インキュベーターである。